歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病の間には関係があると言われています。糖尿病のように恐ろしい病気と歯周病がどう関係しているのでしょうか。

 ▼スポンサード リンク

歯周病と糖尿病

歯周病と糖尿病には密接な関係があるという説が有力です。

(有力です、というのは最終的な結論が医学会でも出ていないということのようです)

糖尿病には三大合併症として、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害という恐ろしい病気があります。

一説に歯周病は糖尿病の第六の合併症とも言われているのです。

糖尿病患者の口内には歯周病原因菌が多い、とか、からだの免疫機能をつかさどる白血球の機能に障害がある、また炎症に対して過剰に反応する、などの症状が報告されてもいるようです。

また2型糖尿病(成人に多いインシュリン非依存型の糖尿病)の患者の歯周炎を抗生物質を用いて治療することで、糖尿病の指標のひとつである糖化ヘモグロビン値に改善が見られたという事実もあります。

分子レベルではTNF−αという物質がインスリンの働きを妨げることも知られていますが、歯周病による慢性的な炎症はこのTNF-αの供給源となるのです。

糖尿病患者は歯周病も同時に治療をおこなわなければ、糖尿病を改善できないということにもなるわけです。

歯周病と糖尿病。どちらも恐ろしい病気です。いずれかが気になる場合は両方の病気に対する注意を喚起したいところです。