歯周病と妊娠

妊娠と歯周病の間にはどのような関係があるのでしょうか、ないのでしょうか。妊娠中の女性が歯周病に対して注意する点などをご紹介します。

 ▼スポンサード リンク

歯周病と妊娠

妊娠女性に歯周病の症状を訴える方が多いというのは事実のようです。

多く見られるのは妊娠中、つわりがひどい方のケースです。つわりがひどいために、歯を磨くことがしにくく、そのため、口臭や歯茎の腫れ・出血などという症状が見られるのです。

これは妊娠・つわりという事実が間接的に歯周病に影響しているということですので、注意することは必要です。

特に妊娠中は歯周病の治療や検査などがしにくい場合もあります。レントゲンや薬を与えることができない場合があるからです。

妊娠中は口中をきれいにすることを心がけ、気持ちの悪くなりにくい練り歯磨きを選んだり、小さめの歯ブラシを選ぶなどすることをお勧めします。


【当サイトをご利用される上でのご注意】

当サイトが提供する情報(広告、リンク先、などから得られる情報全て)には、閲覧者の生命、身体、健康に大きな影響を与えうる事項が含まれております。

特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、 また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。

当サイトをご利用の際には、必ず免責事項をご参照ください。