口呼吸と歯周病

口で呼吸をする人が増えているといいます。口でも鼻でも呼吸ができればいいように思えますが、口呼吸は歯周病によくないという指摘がされているのです。なぜ口呼吸は歯周病に悪いのでしょうか。

 ▼スポンサード リンク

口呼吸と歯周病

歯ぎしりと同様、個人の癖が歯周病に悪いという例がこの口呼吸(こうこきゅう)です。花粉症などによって鼻が詰まり口で呼吸してしまうという人は注意が必要です。

口呼吸が歯周病に悪いというのは、口が開くことによって、歯と歯茎の周囲が乾燥し、歯周病菌は粘度を持つことで歯にへばりつこうとすることにあります。

また口中が酸性(ph5.5〜5.7程度)になると歯の表面のカルシウムやリンが溶け出します。通常は唾液により酸が中和され、唾液に含まれるカルシウムなどのミネラルが歯を修復する作用があるのです。

口呼吸の習慣があると、歯は乾いてしまうためにこの作用が働かなくなるのです。

また似たような状態に、前歯が出っ歯であることで、唇が歯にくっつき、歯が乾燥してしまうこという状態もあります。口呼吸と同じように弊害があり得ますので、歯科医に相談してみて下さい。



【当サイトをご利用される上でのご注意】

当サイトが提供する情報(広告、リンク先、などから得られる情報全て)には、閲覧者の生命、身体、健康に大きな影響を与えうる事項が含まれております。

特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、 また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。

当サイトをご利用の際には、必ず免責事項をご参照ください。