歯ぎしりと歯周病

歯ぎしりも歯周病には悪い影響を与えます。寝ている間に歯ぎしりをしてしまう、という方もいることでしょう。歯ぎしりの癖がある方で、歯周病の兆候がある方は要注意です。

 ▼スポンサード リンク

歯ぎしりと歯周病

歯ぎしりや歯を食いしばることは歯周病に悪いといわれます。

歯ぎしりが悪いといわれるわけは、歯や歯茎に加わる過度の圧力が、歯を支える歯茎や歯槽骨、歯根膜、セメント質にダメージを与え、歯周病菌の攻撃を受けやすくするからだと考えられています。

歯ぎしりの原因となるストレスなどを無くすことが大切ですが、専用のマウスピースをはめて歯ぎしりを治す方法もあります。

歯ぎしりの癖がある場合は、併せて歯科医に相談してみることをお奨めします。



【当サイトをご利用される上でのご注意】

当サイトが提供する情報(広告、リンク先、などから得られる情報全て)には、閲覧者の生命、身体、健康に大きな影響を与えうる事項が含まれております。

特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、 また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。

当サイトをご利用の際には、必ず免責事項をご参照ください。