歯周病と喫煙

何かと悪い影響が言われるタバコですが、歯周病とも関係があることが言われます。喫煙と歯周病にはどのような関係があるのでしょうか、どのような悪影響があるのでしょうか。

 ▼スポンサード リンク

歯周病と喫煙

タバコが歯周病に悪いということが言われます。

タバコは血管を収縮させる作用があり、代謝を妨げ、細菌の攻撃による炎症などからの回復を遅らせてしまうと考えられるのです。

実際に喫煙習慣のある人は、タバコを吸わない人と比べて、歯周病関連菌が多く検出されたという報告もあります。

歯周病を予防するためにも、また歯周病と診断された場合はなおタバコは控えることをお奨めします。



【当サイトをご利用される上でのご注意】

当サイトが提供する情報(広告、リンク先、などから得られる情報全て)には、閲覧者の生命、身体、健康に大きな影響を与えうる事項が含まれております。

特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、 また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。

当サイトをご利用の際には、必ず免責事項をご参照ください。