歯周病と骨粗鬆症

歯周病は骨粗鬆症とも,関係があるのではないかと疑われています。歯周病同様骨粗鬆症も非常にたくさんの人がかかっている病気です。二つの病気の間に関係はあるのでしょうか。

 ▼スポンサード リンク

歯周病と骨粗鬆症

歯周病と骨粗鬆症については、結論がでているわけではありませんが、その関係性が疑われています。

一部に、進行中の骨粗鬆症患者の歯ぐきに際立った出血の傾向が見られたり、歯周ポケットが深くなるという傾向があるというものが報告されているようです。

骨粗鬆症が歯周病の危険因子として認められるかもしれません。骨粗鬆症の側から言えば、自覚しにくいのが骨粗鬆症の難点でもあります。確認しやすい歯周病によって骨粗鬆症の早期発見の可能性が高まれば、と期待されています。

骨粗鬆症は40歳以上の日本人の一千万人がかかっているといわれています。一部の老人の病気というわけではなく、非常にポピュラーな病気というわけです。

歯周病の疑いがある方、歯周病と診断された方で特に中高年の方は、骨粗鬆症についても注意を向けてみても良いのではないでしょうか。


【当サイトをご利用される上でのご注意】

当サイトが提供する情報(広告、リンク先、などから得られる情報全て)には、閲覧者の生命、身体、健康に大きな影響を与えうる事項が含まれております。

特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、 また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。

当サイトをご利用の際には、必ず免責事項をご参照ください。