歯周病と口臭

全ての口臭が口から起こるものではありませんが、歯周病と口臭には深い関係があります。歯周病を原因とする口臭はどうすればなくすことができるのでしょうか。その方法をご紹介します。

 ▼スポンサード リンク

歯周病と口臭

食べ物による口臭や、体内の異常(消化器などの病気)による口臭など、ひとくちに口臭といっても原因は様々なものです。

まずは鼻から息を吐き出して異臭がすれば、体内に原因があると考えられます。一方鼻をつまんで口から息を吐き臭いがすれば、原因は口中にあり、歯周病がその口臭の原因である可能性もあります。

基本的に歯周病による口臭は、歯磨きによるブラッシングで歯垢やプラークを除去することで抑えられます。

またオキシドールを薄めて口をすすぐことも、口臭予防には効果的です。

特に歯周ポケットができてしまった場合などは細菌を殺すことにもなりますのでお奨めします。薬局などでオキシドール(3%局方過酸化水素水)を購入し、3〜10倍に薄めて口をすすぐようにしましょう。

そのほか、市販の洗口液で口をすすぐなどの方法も口臭予防にお奨めです


【当サイトをご利用される上でのご注意】

当サイトが提供する情報(広告、リンク先、などから得られる情報全て)には、閲覧者の生命、身体、健康に大きな影響を与えうる事項が含まれております。

特に、医療・健康に関する情報は、Webサイトで得られるような一般的な情報だけでは対応できない、または全ての個人に一様に当てはまるわけではない個別性の高い情報が数多く含まれております。

したがって、当サイトの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、 また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する医師や薬剤師等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。

当サイトをご利用の際には、必ず免責事項をご参照ください。